レンズの通販商品

レンズの商品一覧

関連検索ワード

  • 最安値と商品
  • 最安値比較のみ
  • 全ての商品
  • リスト表示
  • グリッド表示
並び替え
おすすめ順
価格安い順
価格高い順

レンズ構成図で個性を知るオールドレンズ解体新書

  • 価格¥2,970
  • 本書は、オールドレンズにおけるレンズ構成と描写傾向の解説書です。既存の光学技術の入門書は理系の知識が不可欠で、オールドレンズホビー層はほぼ内容が理解できません。本書は古典的なレンズ構成図を、徹底的にハードルを下げてわかりやすく解説します。また、該当する構成を用いた具体的なオールドレンズを多数紹介し、レンズ構成図という切り口でオールドレンズの世界を探索できるように導きます。光学技術と歴史という側面からオールドレンズを照らし、オールドレンズの深く豊かな世界へと誘う一冊です。◇コンテンツ◇・オールドレンズユーザー向けのレンズ構成入門書・「カメラホリック レトロ」の副読本・書籍寄りのデザイン・レンズ構成図と該当するオールドレンズをセットで紹介・著名なレンズ設計者の功績と生い立ち・レンズ開発史のエピソード・光学系の蘊蓄をやさしくひもとく決定版

カメラホリックレトロ Vol.3 オールドレンズ・バトル 歴史的銘...

  • 価格¥2,970
  • シリーズ3冊目となる本書は、「オールドレンズ・バトル」特集号です。あまたある標準画角のオールドレンズから、歴史的銘玉と新定番レンズをピックアップ。オールドレンズ界のご意見番、澤村徹と上野由日路がそのレンズに対する思い入れを本気でぶつけ合います。忖度なし、予定調和なし。インタビュー後にふたりの仲が険悪になったほどのガチバトルをご覧ください。オールドレンズファンの好奇心を全力で刺激する一冊です。【コンテンツ】・オールドレンズバトル ?歴史的銘玉 vs 新定番レンズ・擬態するオールドレンズ・レトロレンズは旅の途中・オールドレンズで赤外線ポートレート

富士フイルムX&Gマウントレンズ完全レビューブック

  • 価格¥1,987
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 全75本のレンズを掲載! PHOTO YODOBASHI(フォトヨドバシ)は、カメラの販売を創業原点とする株式会社ヨドバシカメラが、カメラボディやレンズを実際に使用し、作例とともにそのレビューを行うサイトとして2011年にスタート。 本誌は、その中からPHOTO YODOBASHI編集部撮影によるレンズレビューを1冊にまとめたものです。現行の富士フイルムXおよびGマウントレンズの純正、サードパーティ製を含め全75本収録しました。性能テストではなくユーザー目線でレンズを活かすためのレビューを掲載。新しいレンズを見つけるための指針となる1冊です。 【Contents】 ・X Mount Gallery 丹後 ・INTERVIEW 写真の本質とは何か 製品に宿る富士フイルムの思想 ・Xマウント 単焦点レンズ 広角レンズ 標準レンズ 望遠レンズ ・Xマウント ズームレンズ 広角ズームレンズ 標準ズームレンズ 望遠ズームレンズ ・G Mount Gallery 森 ・Gマウント 単焦点レンズ ・Gマウント ズームレンズ ・FILM-SIMULATION 富士フイルムの“色” ・サードパーティ製Xマウント用レンズ 広角レンズ 標準レンズ 望遠レンズ ・サードパーティ製Gマウント用単焦点レンズ ・Xの原点FUJIFILM X100 ・レンズスペック一覧

Cameraholics Lab レンズ構成図で個性を知るオールドレンズ解体新書

  • 価格¥2,970
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 既存の光学技術の入門書は理系の知識が不可欠で、オールドレンズホビー層はほぼ内容が理解できません。本書は古典的なレンズ構成図を、徹底的にハードルを下げてわかりやすく解説します。また、該当する構成を用いた具体的なオールドレンズを多数紹介し、レンズ構成図という切り口でオールドレンズの世界を探索できるように導きます。光学技術と歴史という側面からオールドレンズを照らし、オールドレンズの深く豊かな世界へと誘う一冊です。 ◇コンテンツ◇ ・オールドレンズユーザー向けのレンズ構成入門書 ・「カメラホリック レトロ」の副読本 ・書籍寄りのデザイン ・レンズ構成図と該当するオールドレンズをセットで紹介 ・著名なレンズ設計者の功績と生い立ち ・レンズ開発史のエピソード ・光学系の蘊蓄をやさしくひもとく決定版

オールドレンズ・ベストセレクション

  • 価格¥2,915
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 銘玉&迷玉172本をアーカイブ 銘玉から迷玉まで、オールドレンズ172本を収録したオールドレンズガイドブックの決定版です。ライカ、ツァイス、ロシアレンズに国産レンズ、果てはマニアックなシネレンズまで、オールドレンズのフルコースを1冊にまとめました。7年続いた「オールドレンズ・ライフ」シリーズをベースに、豊富な作例とともにオールドレンズの魅力を解説しています。オールドレンズファン必携の完全保存版です。

Cameraholics selectオールドレンズはバベルの塔

  • 価格¥2,700
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 写真家でありライターの澤村徹氏によるオールドレンズ・フォトエッセイ集です。 ミラーレス機が登場して以降、店頭にはさまざまなオールドレンズ本が並んできました。 それらに共通しているのは、客観的に書かれたレンズ解説本という点です。 しかし、そもそもローファイなオールドレンズを使うという行為は、主観的な評価なしに成立しません。 本書はオールドレンズの第一人者・澤村徹氏が、圧倒的に主観的な見地からオールドレンズを語ります。 はじめてのオールドレンズとの出会いからオールドレンズ本の著者になるまでを、愛用するオールドレンズと機材、豊富な作例写真ともにマニアックに綴ります。

オールドレンズ・ライフ 2020?2021 沈胴レンズクロニクル

  • 価格¥2,200
  • オールドレンズ・ライフシリーズ第10弾!2020?2021年度版は「沈胴レンズ大特集」!今回はオールドレンズに触れる初心者ユーザーに向けて「沈胴レンズ」のモノしての面白さと描写の楽しみ方をフィーチャーします。その他にもSIGMA fp、X?Pro3 など、新機種×オールドレンズを特集予定。

カメラマンリターンズ#5 間違いだらけのレンズ選び!!&レンズBOOK 2022

  • 価格¥1,380
  • 今年もやります! 好評の「激論シリーズ」レンズ版!  最新&現行交換レンズも完全網羅!!  昨年末の「間違いだらけのカメラ選び!!」に味を占め、またまた作っちゃいましたー。今回は、もちろん「レンズ」です! 各メーカーの純正交換レンズはもちろん、話題のコシナや注目の激安中華レンズまで、「そのスジ」のエキスパート(新メンバーの獲得に成功!)が白熱した議論を展開してくれましたー! あ、「トヨ魂」や「オリモト」も地味に末席を汚しておりますことよ。でもって現行交換レンズを“ほぼ”網羅したレンズBOOKにも注目!   《 CONTENTS 》 いつもの「アレ」に加え「写真居酒屋のオヤジ談義」を追加投入! 『座談会・間違いだらけのレンズ選び!!』 ~赤城耕一/阿部秀之/今浦友喜/宇佐見健/工藤智道/豊田慶記/中村文夫/桃井一至/山田久美夫 Round.1 キヤノン : 評価一変!? あの「最強軍団」が帰ってきた?? ・EX1 望遠バカ一代 feat.宇佐見 健 Round.2 ニコン : Zマウントの愚直なまでの光学性能はホンモノだっ! ・EX2 オールドニッコール自慢 feat.阿部秀之 Round.3 ソニー : CAPA方面から、「あの方」が参戦ですー! Round.4 富士フイルム : バリバリの「Xフォトグラファーさん」が参加! ・EX3 良いレンズの定義 feat.山田久美夫 Round.5 OMデジタルソリューションズ : そら、もうアゲアゲでしょうに! Round.6 パナソニック : 開発の方って、とっても真面目なんですってー。 Round.7 リコー : わが心のペンタックス。遠くへ行かないで!   ◆THE FISHER'S EYE ・モデル:工藤美桜 ・撮影:魚住誠一   ◆オリモト生存確認 「中華レンズでガチ仕事をこなす」   ◆トヨ魂リターンズ 「コシナ=フォクトレンダーの実力拝見」   ◆アべっちの質問状 「50mmF1.2…これだけ違うのはなぜ?」 「それぞれの最新マクロ」   『座談会・間違いだらけのレンズ選び!!』<さらに続く> Round.8 シグマ ここにきて一眼レフ用レンズが注目されてる?? ・EX4 ツァイス、あるいはプロのお仕事とは feat.赤城耕一 Round.9 タムロン 「ズームレンジの妙」はいまもって輝く! ・EX5 アクセサリーの園 feat.中村文夫 Round.10 コシナ ここにきて大注目の「超コダワリ」メーカー! Round.11 ケンコー・トキナー 激安レフにサムヤン、ツァイスもありますー Round.12 中華レンズ 進む二極化。その動向に注目せよ! ・EX6 変態小部屋 feat.中村文夫アゲイン   最新&現行交換レンズをだいたい網羅。 『レンズBOOK 2022』 〇最新レンズ・滑り込みインプレ 〇メーカー別ラインナップ   《 編集部からのコメント 》 <座談会> この度、諸般の事情から新メンバーを獲得。CAPA方面(昔はライバル関係も、今ではすっかり仲良し)から1名、EOS学園方面(C社の内部事情に精通しているハズ)から1名、1986年生まれ(オレが入社した年じゃねーか!)という世代交代に対応した3名のエキスパートを起用。新しい「邪悪な風」が吹き込まれました。   <トヨ魂&オリモト> フォクトレンダーと中華レンズという、どちらもニッチな線を攻めてみました。「コシナと純正レンズの描写バトル」をテーマとした「トヨ魂」では、コシナ=フォクトレンダーの意外な見せてくれました。一方のオリモトさんには「リアルな現場」で中華レンズを使ってもらう、という荒療治! 実はけっこうモメたりして…。これ以上は言えません。   <レンズ

オールドレンズ・ライフ Vol.4

  • 価格¥1,650
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ※注:電子版には読者プレゼントはございません。ご了承ください。 オールドレンズとマウントアダプターの入門解説書。大好評第4弾!! 【内容紹介】 オールドレンズファン垂涎の的、大口径オールドレンズ。ノクティルックス、ノクトニッコールといった名大口径レンズにはじまり、手頃な価格で楽しめるロープライス大口径オールドレンズもたくさん掲載しています。 ソニーα7シリーズ、ニコンDfといった、オールドレンズに適したベースボディも詳しく解説し、これらのボディでこそ楽しみたいオールドレンズを多数紹介しています。オールドレンズがはじめての人も、すでに使いこなしている人も、ともに楽しんでいただけるオールドレンズファン必読マガジンです。 【CONTENTS】 オールドレンズ大口径主義 α7シリーズで甦るマニアックレンズ Nikon Dfでオールドレンズデビュー OLD LENS WORKS オールドレンズで作品を生む写真家たち いまさら聞けないオールドレンズのABC 安価に楽しむ大口径オールドレンズ 一本のオールドレンズで一本の道を行く 一鏡一道 カメラドレスアップの匠 マウントアダプターオールガイド KIPONが光学メーカーを目指す!高性能レンズで新たなる挑戦

キヤノンEF&EF-Sマウントレンズ 完全レビューブック

  • 価格¥2,160
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 全157本のレンズを掲載! PHOTO YODOBASHI(フォトヨドバシ)は、カメラの販売を創業原点とする株式会社ヨドバシカメラが、カメラボディやレンズを実際に使用し、作例とともにそのレビューを行うサイトとして2011年にスタート。本誌はその中から画質の要ともなるレンズレビューを1冊にまとめたものです。現行のキヤノンEFとEF-Sマウントレンズ全157本を掲載し、性能テストではなくユーザー目線でレビューしました。気になる新しいレンズを見つけ、大いに購入の参考になる1冊です。 【CONTENTS】 ・Part1 ギャラリー ・Part2 EF & EF-S レンズの基礎知識 ・Part3 ズームレンズ 広角 ・Part4 ズームレンズ 標準 ・Part5 ズームレンズ 望遠 ・Part6 ズームレンズ 高倍率 ・Part7 単焦点レンズ 広角 ・Part8 単焦点レンズ 標準 ・Part9 単焦点レンズ 中望遠 ・Part10 単焦点レンズ 望遠 ・Part11 単焦点レンズ マクロ ・Part12 単焦点レンズ シフト ・掲載レンズスペック一覧/ INDEX

眼内レンズを科学する

  • 価格¥9,900
  • 本書では、眼内レンズの歴史、視機能上の役割・利点、デザイン材質と特性、生体適合性、眼内レンズの作製法、減菌法、各種眼内レンズの特徴、眼内レンズ挿 入法、後発白内障、屈折矯正手術用眼内レンズ、多重手術と眼内レンズの観点から眼内レンズを12項目にわたって徹底的に科学的に分析した.各項目の担当者 として、各分野で造詣の深い第一線で活躍中の方々に執筆をお願いした.その結果、わかりやすい内容にまとめられているので、日常診療に役立つと確信してい る.本書が眼内レンズの百科辞典的存在として活用されることを期待している

ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ

  • 価格¥2,420
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 はじめてのレンズ選び入門 ソニーα7シリーズカメラユーザーのためのオールドレンズの楽しみ方を丁寧に解説した入門ガイドです。レンズとアダプターの取り付け方法から、おすすめのレンズ紹介、中上級者になってからでも愛用できる名レンズ紹介など、オールドレンズの世界にどっぷりとハマるための必読入門書です。 ■SONY α7 Series × OLD LENS Photo Gallery ■Chapter1 オールドレンズ超入門 ・オールドレンズ撮影に欠かせない三種の神器とは? ・多種多様なマウントアダプターどれを選べばいいのか ・オールドレンズを使うためのカメラの基本セッティング ・初心者でも簡単マスターオールドレンズの撮影方法 ■Chapter2 ファーストオールドレンズカタログ ・Super-Takumar 50mmF1.4 ・Auto-Takumar 55mmF1.8 ・Nikkor-S・C Auto 55mmF1.2 ・Flektogon 35mmF2.8 ・Tessar 50mmF2.8 …ほか ■Chapter3 マウントアダプター超入門 ・いまどきのマウントアダプターはたくさんの種類がある ・M42 mount ・Yashica/CONTAX mount ・Canon FD/New FD mount ・Nikon F mount ・Pentax K mount …ほか ■Chapter4 一度は使いたい憧れオールドレンズ ・Elmar 50mmF3.5 ・Summicron 5cmF2 ・Summarit 5cmF1.5 ・Xenon 50mmF1.9 ・Planar T* 50mmF1.4 …ほか ■Chapter5 オールドレンズ撮影の極意をマスターせよ ・オールドレンズでガチ撮りするためのパーフェクトセッティング ・オールドレンズの魅力を引き出すために拡大表示でジャスピン狙い ・拡大表示を駆使して開放の滲みをコントロール ・オールドレンズの個性は絞りブラケットで把握しよう ・オールドレンズ特有の周辺の甘さを理解しよう …ほか ■Chapter6 MFレンズのディープワールド ・NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE ・APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherica ・NOKTON 21mm F1.4 Aspherical ・Kistar 40mm F2.4 ・LAOWA FF II 9mm F5.6 W-Dreamer …ほか ■Old Lens Column ・オールドレンズは開放を使え! ・レンズコンディションの見分け方 ・ノンブランドのマウントアダプターは大丈夫か? ・オールドレンズにレンズフードは必要か? ・オーバーインフってなに?

Canon Lレンズ完全ガイドブック キヤノンEFレンズLシリーズ...

  • 価格¥2,178
  • 本書は、Canon製高級レンズシリーズである「Lレンズ」すべての特徴と有効な活用方法を、写真家による豊富な作例をまじえて解説する書籍です。「次にどのレンズを買おう?」「持っているレンズを有効に活用したい」といった、Canonユーザーの希望・悩みにお応えします。写真家・被写体・製品の3つの切り口から、Lレンズの「選び方」と「撮り方」をていねいに紹介。また、レンズの基本的な知識や取り回し方、メンテナンス方法など、レンズに関わる様々な知識を解説します。Canonユーザー必携のレンズガイド本です!

ライカMLレンズ・ベストセレクション

  • 価格¥2,420
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 厳選64本収録 本書は、新旧を問わずライカMLマウントレンズを厳選して結集したレビューブックです。本家たるライカ製を筆頭に、昭和時代の日本製レンズ、ロシアレンズ、ツァイス、フォクトレンダー、そして昨今台頭してきた中国製レンズまで、様々なタイプのライカMLマウントレンズ64本を紹介します。ライカマウントレンズの魅力にどんどん夢中になれる1冊です。 【Contents】 巻頭フォトギャラリー 1 ライカMLマウントレンズ入門 2 オールドライカレンズMマウント編 3 オールドライカレンズL39マウント編 4 国産ノンライツ 5 ロシアレンズ 6 ライカレンズ 7 ツァイスレンズ 8 フォクトレンダー 9 ロモグラフィー 10 キポン 11 七工匠 12 ブリコラージュ工房ノクト ライカMLレンズで使いたい注目マウントアダプター

ニコンFマウントレンズ 完全レビューブック

  • 価格¥2,160
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 全174本のレンズを掲載! PHOTO YODOBASHI(フォトヨドバシ)は、カメラの販売を創業原点とする株式会社ヨドバシカメラが、カメラボディやレンズを実際に使用し、作例とともにそのレビューを行うサイトとして2011年にスタート。本誌はその中から画質の要ともなるレンズレビューを1冊にまとめたものです。現行のニコンFマウントレンズ全174本を掲載し、性能テストではなくユーザー目線でレビューしました。気になる新しいレンズを見つけ、大いに購入の参考になる1冊です。 【CONTENTS】 ・Part1 ギャラリー ・Part1 ギャラリー ・Part2 ニッコールレンズの基礎知識 ・Part3 ズームレンズ 広角 ・Part4 ズームレンズ 標準 ・Part5 ズームレンズ 望遠 ・Part6 ズームレンズ 高倍率 ・Part7 単焦点レンズ 広角 ・Part8 単焦点レンズ 標準 ・Part9 単焦点レンズ 中望遠 ・Part10 単焦点レンズ 望遠 ・Part11 単焦点レンズ マクロ ・Part12 単焦点レンズ シフト ・掲載レンズスペック一覧/ INDEX

オールドレンズはバベルの塔

  • 価格¥2,750
  • 事実か?虚構か?レンズ読本か?オールドレンズの伝道師が語る、終わりなきクロニクル。

ソニーα7シリーズではじめるオールドレンズライフ はじめてのレンズ選...

  • 価格¥2,420
  • フルサイズミラーレス機において圧倒的なシェアを誇るソニーα7 シリーズ。入門者向けおすすめオールドレンズやマニアックなサードパーティー製MFレンズ、アダプターの活用方法などをわかりやすく解説。カメラ、レンズ好きの初中級者でオールドレンズを楽しみたい方にはたまらない1冊。

レンズの時間 2019?2020 特集お買い得な定番オールドレンズを...

  • 価格¥2,200
  • レンズこだわり本として刊行してきた『レンズの時間』2019?2020最新版。「アンダー 1万円の名レンズを探せ!」をメインに、様々な視点からレンズを語っていく1冊!

「レンズ」のキホン

  • 価格¥1,430
  • ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 昨今のデジタル一眼レフカメラのブームもあって、レンズのことをもっと知りたい人が増えています。本書は、高校生から一般の人を対象に、レンズのことを知る超入門書として、図解や写真をふんだんに使いながら、わかりやすく光の世界を解説します。 昨今のデジタル一眼レフカメラのブームもあって、レンズのことをもっと知りたい人が増えています。本書は、高校生から一般の人を対象に、レンズのことを知る超入門書として、図解や写真をふんだんに使いながら、わかりやすく解説します。レンズを知ることは、光の性質を知ることにつながります。また、メガネや望遠鏡などの光学機器ばかりか、ヒトの眼の構造の理解も進みます。身近な例を題材に、徹底してやさしく、おもしろい話題を集めました。

ムービーのためのレンズ選びGUIDE BOOK

  • 価格¥2,310
  • ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ・あのビデオグラファーが使っているレンズと作例 ・50mmレンズ 11本をフルサイズ4Kで比較する ・シネレンズの世界 映像像制作者が使うムービーといえばソニーαなどのEマウント系、パナソニックGH、Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kなどカメラの選択肢が決まってきた昨今。その中で作品に色付けして、個性を出していくのはレンズ選びとグレーディングではないだろうか? 特にレンズは撮影時の使い勝手にも関わってくる重要な要素。そしてレンズそのもののチョイスは膨大なオールドレンズも加えると選択眼が問われる。 クリエイターの作例とレポートを中心に、基礎知識、可変NDフィルターやレンズギア、レンズサポート、マットボックスなどムービーならではのアクセリーも紹介する。 また、かつては映画やCMなどのハイエンドでしか使われなかったシネレンズの世界を紹介! シネレンズに求められる性能と描写は、多くのムービーユーザーに参考になるはずだ。

購入に際してのご注意

Web Services by Yahoo! JAPAN Rakuten Web Service Center

このページの先頭へ